「Eof」の版間の差分

提供: Nabetapedia百科事典
移動: 案内検索
 
11行: 11行:
 
現在の位置が EOF である場合,eof は値 1 を返します。<br>
 
現在の位置が EOF である場合,eof は値 1 を返します。<br>
 
そうでない場合は 0 を返します。<br>
 
そうでない場合は 0 を返します。<br>
戻り値 -1 はエラーを示し、グローバル変数 errno に次の値が設定されます。  
+
戻り値 -1 はエラーを示し、グローバル変数 errno に次の値が設定されます。 <br>
EBADF  (不正なファイル番号)  
+
EBADF  (不正なファイル番号)<br>
 
汎用性: C++ Builder(eof)、Visual C++(_eof)、非POSIX、非ANSI C
 
汎用性: C++ Builder(eof)、Visual C++(_eof)、非POSIX、非ANSI C

2016年9月21日 (水) 09:57時点における最新版

eof(小文字)とはC++ BuilderC言語の関数のひとつ。io.hで宣言が定義されているC言語の低水準の非標準関数。Visual C++では_eofが同等の関数。C言語の高水準の関数には標準関数feofがある。
EOF(大文字)

C言語のeof(_eof)関数

io.h
int eof(int handle);(C++ Builder)
int _eof(int handle);(Visual C++)

ファイルの終わり(EOF)かどうかをチェックします。
eof は,handle に関連付けられたファイルが EOF に到達しているかどうかを判定します。
戻り値
現在の位置が EOF である場合,eof は値 1 を返します。
そうでない場合は 0 を返します。
戻り値 -1 はエラーを示し、グローバル変数 errno に次の値が設定されます。
EBADF (不正なファイル番号)
汎用性: C++ Builder(eof)、Visual C++(_eof)、非POSIX、非ANSI C