MSX

提供: Nabetapedia百科事典
移動: 案内検索

MSXとは過去に存在した8ビットCPUのZ80を搭載した日本のパソコンの規格で1983年にマイクロソフトアスキーにより規格が作られた。松下電器産業東芝SONY三洋電機カシオ富士通など複数の大手メーカーがMSXパソコンを発売した。後継規格としてMSX2MSX2+MSXturboRが出た。MSXturboRではZ80に加えてZ80互換の16ビットCPUのR800も搭載した。日本が主に利用される地域だったが海外でも販売された。大手電機メーカーからの発売は松下電器産業のFS-A1GT(1991年11月1日発売。MSXturboR規格。99800円)が最後でこれがMSXの終焉と見られたが15年も経った2006年に思い出したかのように株式会社D4エンタープライズからMSX2規格の1chipMSXが発売され、これが日本で輸入を除き最後に発売された機種となった(現在は販売終了)。海外では2011年にロシアで発表されたAGE LabsのGR8BIT[http://www.gr8bit.ru/]という学習目的のMSX2(一部MSX2+対応)のキット(完成品ではなく自分で組み立てる必要がある)が最後のMSXと思われる。GR8BITのホームページは日本語での問い合わせも受け付けており、まだ販売中かも知れない。日本では実機は中古でしか市場に出回らなくなったが、Windows上や、ウェブブラウザ上で動かすMSXエミュレーターが複数存在し現在でもMSXのソフトを使うことができる。なおタイ王国ではMSXの中古は流通していない。タイでMSXというとホンダのバイクの車名である。