C言語

提供: Nabetapedia百科事典
移動: 案内検索

C言語UNIXというOSを作るために作られたネイティブコンパイルするタイプのプログラミング言語。1972年に登場。UNIXの標準言語で、C言語で作られたプログラムは基本的には異なるハードウェアでもソースから再コンパイルすることにより動作する。パソコンにも移植されMS-DOSもC言語で作られた。現在ではC言語のほぼ上位互換のC++も広く普及しているがC++の拡張機能を使わずC言語のみでの記述も現役で使われており、例えばLinuxカーネルはC言語で作られている。標準機能だけではグラフィック表示やマウスに対応していないためグラフィックを使うプログラムは特定のOSでしか動かないことが多い。テキストをカーソル位置に出力するプログラムはC言語の標準関数のみでも作れる。UNIX上のコンソールでテキストエディタのようなカーソル制御のプログラムを作るにはCursesライブラリが必要でこれを使って作ったプログラムはMS-DOSやWindowsでは互換性がない。