Awk

提供: Nabetapedia百科事典
移動: 案内検索

awkは、UNIX系のスクリプト言語のひとつ。処理したいテキストファイルを最初から最後まで読んでいきながらスクリプトに書かれている処理をする。正規表現が使える。似たような物に同じUNIX系のsedがあるが、sedより高度な処理ができる。テキスト・テキスト変換や、テキストファイルの中の特定の文字列の数をカウントしたりするような処理ができる。関数もあり当初なかった様々な機能が追加されてきたため、やろうと思えば大規模なプログラムも作れないこともないらしい。