インタプリタ

提供: Nabetapedia百科事典
移動: 案内検索

コンピューター用語で言うインタプリタはプログラムのソースプログラムを少しずつ読み込みながら少しずつマシン語に変換して少しずつプログラムを実行していくプログラムソフトウェアである。つまりコンピューター言語間の通訳をしながら任意のプログラムを実行させるプログラムである。人間が見て分かるような文字列をテキストファイルに書いてもパソコンはそれを直接理解できず実行させることはできない。そのためインタプリタまたはコンパイラを用いる必要がある。一度に全てをマシン語に変換するものはコンパイラと言う。マシン語ではなく中間言語にコンパイルしてから逐次通訳実行するものはインタプリタとコンパイラの中間の性質があり中間言語コンパイラと言う。