CrossVclとFmxLinux

Delphi用のGUIライブラリとしてエンバカデロ純正ではなくサードパーティーから
CrossVclとFmxLinuxというものが出ているのを昨日知りました。
どちらも同じ開発元(KSDev)です。
FmxLinuxはLinux用で、CrossVclはMac OS用です。
FmxLinuxは高額で販売中で、CrossVclは今は無料のようです。
ライセンスは不明です。
C++ Builder対応とは書いていません。
詳細不明です。
CrossVclのLinux版はなく一貫性がないような気がします。
FmxLinuxが本物のFireMonkey(FMX)との互換性が高いと仮定すればFireMonkeyで一貫性があるのかも知れませんが、できればVCLライクなもので一貫性を持ってもらいたい。
まだ使ったことがないので完成度は謎です。
今のところ試してみようとは思っていません。
QtかJavaのほうが魅力的だと思います。