WebMSXの改造

WebMSXは私が借りているレンタルサーバーで動かすと、Could not found xxxというエラーがよく出て問題を感じています。
自作プログラムのファイルを読み込んでくれない時があるのです。
こうなるのなら外部ファイルではなくソースに埋め込みたいです。
それでWebMSXを解析中ですが、見事によく分からないです。
CR3は一部マウスに対応しました。
ソースはまだ公開していません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *