BDS C版のCR3のMSX ROMカートリッジ移植できました。

C言語部分のソースは全く同じなのですが、ライブラリとスタートアップルーチンを、MSX-DOS、MSX-BASIC、MSX ROMカートリッジの三対応しました。
それに伴いツールもいくつか更新しました。
ソース公開はドキュメント書いたりしないといけないので今すぐはできません。
とりあえずはバイナリをMSX-BASICのOS版からROMカートリッジ版に差し替えます。
HI-TECH Cも方法は分かっているので同様に三タイプ対応はできると思います。
HI-TECH CではMSX-DOS版CR3の他、MSX-BASICのBLOADファイルのテストプログラムは動かせています。

Leave a Reply