BDS CのターゲットMSX-BASICでBASIC復帰に対応。

BDSCのスタートアップルーチンのC.CCCをCP/M(MSX-DOS)からMSX-BASICに普通に変えると、
プログラムの終了時に暴走するかリセットするかになる。
どうやったらリセットかけずに済むのかいろいろやってみて、できました。
やはり、リセットかかりますという仕様では公開しにくいのでがんばりました。
あと少しまだ改良したいところがあるのでまだ公開しません。

MSXライブラリに少し追加したい機能があるのと、
BDS Cを宣言だけでもANSI C規格に対応させたいんですよね。
HI-TECH Cとz88dkができるのに、BDS Cだけはできませんではやはり公開しにくいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *