ROCKPro64とROCK64の費用概算

個人メモ
ROCKPro64またはROCK64でハードディスク運用の場合の費用概算。
全てHDD、ディスプレイ、キーボード、マウス別。
X820関係以外全てPINE64ストア価格。
(X820はRaspberry Pi3用のUSB 2.0/3.0からSATA変換する基盤で2.5インチのHDD/SDDの装着が可能でスイッチとファンが付いた専用のメタルケース有り。ROCK64でも使用可。ROCKPro64は使用不可。電源はX820のみにつなぐためRaspberry Pi3のHDD使用時の電源容量問題を解決している。ROCK64は多分最初から電源容量問題はない。)
円とバーツは計算時のドルからの為替レート変換でクレジットカードのレートは多少値段が高くなると思う。

ROCKPro64 SATAカードとHDDを入れられるケースで理想構成
(HDD、ディスプレイ、キーボード、マウス別)
合計$188.42 6187.71バーツ 21325.38円
内訳
ROCKPro64 4GB 本体 $79.99
ROCKPro64 2×2 MIMO Dual Band WIFI 802.11AC?BLUETOOTH 4.2 MODULE $15.99
ROCKPro64 30mm Tall Profile Heatsink $3.49
ROCKPro64 Metal Desktop/NAS Casing $44.99
ROCKPro64 12V 5A US POWER SUPPLY $12.99
ROCKPro64 PCI-e to Dual SATA-2 Interface Card $9.99
PINE64ストアの送料 $11.99

ROCKPro64 ケースをけちりSATAカードを諦めた構成
(HDD、ディスプレイ、キーボード、マウス別)
合計$143.43 4710.24バーツ 16233.41円
内訳
ROCKPro64 4GB 本体 $79.99
ROCKPro64 2×2 MIMO Dual Band WIFI 802.11AC?BLUETOOTH 4.2 MODULE $15.99
ROCKPro64 30mm Tall Profile Heatsink $3.49
PINE A64 / ROCKPro64 ACRYLIC OPEN ENCLOSURE $8.99
ROCKPro64 12V 5A US POWER SUPPLY $12.99
ROCK64 USB3.0 to SATA3 HARD DRIVE ADAPTER CABLE $9.99
PINE64ストアの送料 $11.99

ROCK64 X820を使わない構成
(HDD、ディスプレイ、キーボード、マウス別)
合計$93.90 3083.68バーツ 10627.60円
内訳
ROCK64 4GB本体 $44.95
ROCK64 USB WIFI 802.11B/G/N (RTL8188EU) $6.99
ROCK64 PREMIUM ALUMINUM CASIC $12.99
ROCK64 POWER 5V 3A US SUPPLY $6.99
ROCK64 USB3.0 to SATA3 HARD DRIVE ADAPTER CABLE $9.99
PINE64ストアの送料 $11.99

ROCK64 X820を使う構成
(HDD、ディスプレイ、キーボード、マウス別)
合計$121.21 3980.54バーツ 13718.55円
内訳
ROCK64 4GB本体 $44.95
ROCK64 USB WIFI 802.11B/G/N (RTL8188EU) $6.99
ROCK64 / PINE A64 / PINE H64 Heatsink $0.50
PINE64ストアの送料 $11.99
X820+ACアダプターセット $35.19(aliexpress.com)
X820ケース $21.59(aliexpress.com 11月11日割引価格)

ROCK64のためにX820を買うのは値段的に有り得ない感じ。
本体だけの値段を見ると一見安そうだけど動くところまで持っていくと結構高くなる。
性能を考えると値段が高く感じる。

C++ Builder 10.2.3 Tokyo Android Error: “Unfortunately, Project1 has stopped.”

知らないうちにC++ Builderに無料のcommunity版ができていてProffesional版と同じ機能でさらにモバイル開発機能もついていた。
ちょっと試してみたAndroid studioが開発効率すごく悪そうなのでやっぱりC++ Builderが気になって10.2.3 TOkyoをインストールしてみたけども空のプログラムなのにSDKのエミュレーターのAndroid 5.1(ARMv7)とかWindows版のAndroidエミュレーターのNoxPlayer6(Android4.4.2)で、「Unfortunately, Project1 has stopped.」とエラーが出て動かない。
逆にSDKのエミュレーターで動いたのはAndroid 4.1(ARMv7)とか、Android 7.0(ARMv7)。
Androidのバージョンがちょっと変わっただけで動いたり動かなかったりするものは配布用途には使うわけにはいかない。
残念だ。
あとはAtomに対応していないのも致命的だ。
配布するなら面倒でも純正の開発環境使っていたほうが無難だと思う。

8月2日に火事全焼して、

持ち物は全て燃えた上にソースファイルは一部の公開していたものは除き全て消失してなかなか気を取り直せない状況です。
三か月ほどパソコンも無かったのですが、買ったら買ったでソースがないから火事前にできたことがほぼできない状態を直視しなければならずつらいです。