Raspberry Pi 3にXRDP入れてみた

XRDPはVNCみたいなもので別のパソコンの画面全体をリアルタイムで表示して遠隔操作するもの。
Raspbianやその他UNIXライクOSにXRDPをインストールして、WindowsからRaspbianやその他UNIXライクOSを遠隔操作する。
(私の場合は遠隔ではなく、Windowsパソコンの上にRaspberry Pi 3を置いている)
WindowsのRDPを利用しているのでWindows側には何もインストールする必要はない。
英語版のWindowsならRemote Desktop Connectionで検索して出てくるプログラムに操作するコンピューターのIPを入力すれば接続できる。
Remode Desktop Connectionのファイル名はmstsc.exe。
sudo apt-get install xrdpとしてインストールした。
(最近はapt-getでなくaptを使うのが推奨らしいが。)
一度しか使ったことがないので詳細はまだ分からない。
動画はyoutubeの144pの低画質を試してみたがスムーズではないが一応見れた。
音声も転送できると聞いたことがあるが、音声は転送されずにホスト側からは音が出た。
なんかホスト側のコンピューターを使いながらWindowsから操作というのは問題があるようだ。
それをするといろいろ挙動があった。
Windows側からだけ操作する場合は音声以外はうまくいくようだ。
同時に二台のコンピューターを使わなければならない事態が想定しにくいので利用価値がある人は限られると思う。
Windows側がディスク容量が極端に少ないなど非力な場合は少しは意味があるかも知れない。
Windows単体でもCygwin、WSL、仮想化ソフトなどでUNIXライクOS系のソフトは動かせるので普通はWindows単体で済むと思う。

追記、
WindowsからRDPでRaspberry Pi+Raspbianを動かす場合はVirtual Boxなどの仮想化ソフトでLinuxを動かすのと同じ感覚で使える。
ディスプレイ、キーボード、マウスを二個ずつ用意するよりは便利かも知れない。
ディスプレイは二台同時のほう画面が広くていいかも知れないがにキーボートとマウスをいちいち抜いて差し替えたり、あるいはもう一個の物と入れ替えるのはかなり面倒だ。
WindowsからRDPで動かしているRaspberry Piへコピーペーストもできた。
RDPはCtrl+Alt+Breakの同時押しで枠無しの全画面にもできる。
個人的に困ったのはBreakキーがないキーボードではどうしたらいいんだろう。
なぜかこの前買ったキーボードにBreakキーがない。
単純にUNIXライクの操作をしたい場合は前述したようにCygwin、WSL、仮想化ソフトもあるわけでわざわざ二台同時に動かす必要があるのかという問題がある。
必要もしくは利点があるパターンを考えるとすれば、
・二台に分散していたほうがどちらか一台壊れてももう一台は生き残りダメージが減る。
・Windows側のメモリやディスク容量が少ない、CPUが遅い、CPUに仮想化機能がないなどの場合はRDPで二台目を動かしたほうがWindows側の省メモリ、省ディスク容量、CPU負荷軽減?、CPUの仮想化機能不要の利点がある。
というのが思いついた。
仮想化ソフトはメモリを食うけどCygwinとWSLはそうでもないかな。
CygwinもWSLも仮想化ソフトもディスク容量はかなり食うと思う。

Raspberry Pi 3のwi-fiのローカルIPを固定

OSはRaspbian。
/etc/dhcpcd.conf
に、以下の記述を追加すると、192.168.1.111が固定ローカルIPになる。
少なくともうちの環境では動いた。
interface wlan0
static ip_address=192.168.1.111/24
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=192.168.1.1 8.8.8.8

この設定前にifconfigコマンドを打ってwlan0のinetのIPが元の可変するIPで、私の場合は192.168.1.101 などになっていた。
192.168.1 の部分は変化しないようだった。
なので、192.168.1の部分はそのままにした。

Raspberry Pi 3がケースに入れても動くようになった。

2.5インチのハードディスクを使うため、X820というRaspberry Pi 2/3向けのUSB2.0/3.0-SATA変換基盤とX820専用メタルケースを使用しています。
Raspberry Pi3 + X820 + X820ケースで起こった三つの問題。
・X820専用ケースがAudio/Videoジャックに未対応。
・X820専用ケースによる内蔵wi-fiの電波障害。
 内蔵wi-fiは外部アンテナを接続できない。
・X820ケース付属USBジャンパーの不良でケースに入れるとジャンパーの長さが足りずにハードディスクを認識しない。
の三つの問題が出てせっかく買ったケースを使えずにいました。

それを、以下のように対策。
・ドリルでケースに穴開けてイヤホン延長ケーブル買ってAudio/Videoジャックの音声だけ端子を外部に出した。
https://www.aliexpress.com/item/Hot-Sale-3-5mm-1-To-2-Dual-Y-Audio-Splitter-Cable-Adapter-Golden-Connector-for/32809998475.html
(ビデオ信号を出せないのでベストではない。)
・USBwi-fiドングルを購入。
https://www.aliexpress.com/item/EP-N8508GS-Realtek-RTL8188CUS-150Mbps-USB-WiFi-Dongle-Wireless-Adapter-for-PC-Raspberry-PI/32589918098.html
 設定で内蔵wi-fiを無効にした。
・X820とX820専用メタルケースを買った店に苦情を出してUSBジャンパーの使えるものを送ってもらった。
 昨日届いた。

右が新バージョンのケースでも使えるUSBジャンパー。
左が旧バージョンのケースでは使えないUSBジャンパー。
新バージョンでは基盤のプリントが長くなっているため、ケース使用時でもプリント部分がUSB端子の奥まで届きます。

今のノートパソコン

今のノートパソコンは2012-12-01ぐらいに買いました。
一部壊れていますがまだ使える状態にありメインパソコンとして現役です。
CPUは、Intel COre i3-3110M 2.4GHzです。
今、話題になっているIntel CPUのメルトダウン(Meltdown)の脆弱性の対象外です。
(メルトダウンの他にSpectreという脆弱性も一緒に発表されていますがその対象にはなるのかな。)

だいぶ前にいろいろ壊れてACアダプターもDVDドライブもタッチパネルも壊れました。
ACアダプターとDVDドライブは相当品に交換しています。
タッチパネルは使えなくなりました。
画面がつかなくなる症状がある時もあったけどタッチパネルのケーブル抜いたからか症状が出なくなりました。

いつ完全に使えなくなるかなー と思っています。